契約の前に見積もりを取る

太陽光発電を導入しようと思い立ったら複数の業者から見積もりを取ります。
見積金額が適正かどうか見極めなくてはいけません。
見積もりの中には太陽光発電一式の込の値段でかいてあるところもあります。
これでは詳細が分かりませんから詳しく細かい見積もりをとりましょう。
太陽光発電システムの中にはオプションの素材やモニターの上位モデルもありますのでそういったものが欲しくても標準の仕様で見積もりをとられている場合もあります。
分電盤や電柱から自宅に来ている幹線の交換引き込み線の張り替えなどがかかわってくることもあります。
こういった工事は別途費用として計上されていない可能性もありますから注意が必要です。
追加料金を支払うことになりますから最初から見積もりは詳細なものをもらいましょう。
設置予定システムについての知識をしっかり持っておくことも大事です。
太陽光発電の仕組みは難しいですがしっかり理解しないとメリットばかりを強調されて不都合を分らないままに契約してしまうことはいけません。
天候によって発電力に違いが出ることや、汚れなどで発電力が落ちることモジュールの寿命とパワーコンディショナーの寿命の違い、夏季の高温下での発電力の低下の問題、長雨の梅雨や秋には発電量が落ちるといったこともしっかり理解しておかなくてはいけません。
そういったでメリットもしっかり聞いて、設置メーカーがきちんと説明してくれるようでしたら信頼できそうです。
契約前の施工業者とのやり取りは最初に契約書の内容の説明を受け見積もりの内訳の説明を聞きます。
次にカタログについて太陽光発電のシステムを受けます。
そして発電シュミレーションによる年間予想発電量の説明をしてもらいます。
設置の方角によって発電量に違いがあることや発電に影響を及ぼす障害物についても教えてもらいます。
補助金の説明やクーリングオフの説明もしてもらい、契約をするのです。