大阪市東住吉区で導入する

大阪市東住吉区では最近太陽光発電を導入する家庭が増えており、住宅の屋根に設置されたソーラーパネルが目に付くようになりました。
null最近太陽光発電システムを設置した方は、今後のメンテナンスについていくつか疑問を持っておられる方がいるようです。
例えば、大阪市東住吉区では最近カラスやはとの糞害が目につくようになっていますが、ソーラーパネルについた鳥の糞はこまめに掃除する必要があるのかといった点などです。
基本的に鳥の糞程度の汚れについては、ソーラーパネルの表面はガラスで汚れが付着しにくいようコーティング処理がされているので、日常の雨や風で洗い流されるようになっており掃除する必要はありません。
あまりに目に付くような酷い汚れが付着したような場合は、システム一式の設置工事を実施した販売店に相談するとよいでしょう。
太陽光発電システムは使用している人によるメンテナンスは必要なく、発電状況を知らせる電力モニターで発電状況を確認する程度で十分です。

Categories: 大阪市で太陽光発電 Tags: