岸和田で太陽光発電をはじめる

太陽光発電は、太陽光を電力に変換する発電方式です。
岸和田市では、岸和田市地球温暖化対策実行計画に基づき、温室効果ガス排出量削減と新エネルギーの普及・促進を図ることを目的とし、太陽光発電システムを導入する人に経費の一部を市から補助しておりました。
太陽光発電システムは、設置コストが掛かり、個人での導入は非常に困難です。
将来的な事を考えると、月の電力量を抑える事が出来るため、電力料金を少なく抑えられますが、導入コスト分を考えると、導入する家庭は少ないでしょう。
太陽光発電を利用するメリットは、幾つかあり、発電時に廃棄物・排水・排気・騒音・振動などの環境汚染に繋がる有害物質を全く出さない事は、エコに繋がる事です。
岸和田市に住んでいる家庭で太陽光発電システムの導入を考えている方は、一部補助金が出るので、補助金申請をしてみるのも一つの手かと思います。
もう少し、太陽光発電を設置する場合のメットを説明します。
前述で説明した通り、太陽光発電を設置するとCO2排出量を削減する事が出来ます。
岸和田市の年間予測発電量は、3562kWhとなり、CO2排出削減量は年間約1100kg-CO2になり、平均的な一世帯の家庭から排出される温室効果ガスの約19%が太陽光発電を設置する事により、削減出来ます。
また、日中発電した電力を自宅の電化製品などに使用したり、電力会社に売却する事が出来るため、電力会社にとっても電気不足を改善するための方法になると思います。

Categories: 大阪と発電事情 Tags: