屋根を活用する時代なのですね

最近はおしゃれなお宅が増えて、個性やセンスが競われるような住宅街が目立つように思います。
屋根の形も様々で、二方向に傾斜があるのが一般的との印象ですが、四方向や一方向、また傾斜がないものもあるそうで、一口に屋根と言っても奥深いと思いました。
普段視界に入る場所ではないので、この度太陽光発電を設置するにあたりそのようなことを知り、いい勉強になりました。
八尾市在住なのですが、そんな個性やセンスのあふれる屋根をお持ちのお宅が沢山あり、ソーラーパネルの設置の位置も様々でした。
ソーラーパネルは大きなものですが、屋根の大きさのみならず、どのような傾斜にも
対応する柔軟性を持っていて、さすが現代の注目パネルと思いました。
傾斜のない屋根の場合は敢えて傾斜を付けたほうがいいと聞きましたが、普段言わば空き地のように持て余している屋根スペースを、エネルギー収集や売電に使えるのですから、屋根はこれまでは思い付かなかった活躍の場を得ていると感じました。
太陽光発電を利用される方がこれからも増えて、屋根を有効活用されて頂きたいと思いました。

Categories: 大阪と発電事情 Tags: