太陽光発電システムがあると、東住吉区で電気代が値上げされても負担が少ない理由

日本政府は住宅用太陽光発電システムを購入する人に経済面でのメリットが発生するよう、太陽光発電システムにより発電された電気の買取価格を、本来の電気料金に上乗せした単価設定にしています。
太陽光発電システムにより発電された電気を割高な単価で買い取るよう電力会社に義務付けることにより、住宅用太陽光発電システムの普及を政策面で力強く後押ししています。
電力会社が割高な単価で購入する太陽光発電システムにより発電された電気の差額は、実は電力会社ではなく消費者が均等に電気代に差額分を上乗せして負担していることをご存じない方もおられるでしょう。
太陽光発電システムを持たない一般消費者にとってはずいぶんと不公平な印象が残る太陽光発電システムにより発電された電気の買い取り制度ですが、地球環境の保護育成に大きく貢献する再生エネルギーを活用した太陽光発電システムの普及に必要なコストは全員で負担しようという政府の政策です。
原子力発電所の再稼動については詳細な地学的調査がなされており、全ての調査項目を問題なくクリアした原子力発電所は今後再稼動する事が予想できるでしょう。
ですが再稼動が認められない原子力発電所があることも予想されており、日本国内で消費される電力の火力発電が占める割合が増加することが想定される中で、電気料金が今後上昇するのは避けられない状況にあります。
大阪市東住吉区は関西電力の電力供給地域ですから、関西電力が電気料金の値上げに踏み切ると太陽光発電システムを持たない家庭の光熱費負担は上昇するでしょう。
今後の電気料金が上昇するであろう事を予想すると、太陽光発電システムを持たないリスクは大きくなります。
なぜなら、太陽光発電システムを自宅に設置することで、今後電気料金が値上げされても自家発電する電気を主に自宅内で使用することにより、値上げされた電気の購入量が少ない分、光熱費の家計負担がそれほど大きくならないからです。

Categories: 太陽光発電で節電 Tags: